科研費LaTeX - 2017年秋応募分

1. 科研費LaTeXとは

「科研費 LaTeX」は、日本学術振興会と文部科学省の科学研究費補助金の応募の書類を、 LaTeX で書くための道具です。

「科研費LaTeX」は、2006年秋から 日本学術振興会の 学術システム研究センター数物系科学専門調査班の 活動の一つとして作られ始めました。 2017年秋からは、科研費LaTeXは日本学術振興会からの依頼に基づき作成しています。

2. なぜ科研費LaTeX?

3. 科研費LaTeXの使い方

以下、基盤研究(C) を例に書きます。種目を表す名前 (kiban_c) は適宜読み替えてください。

  1. Mac, Windows, LinuxなどOSを問わず、使えます。最近のTeXLive あるいは MacTEXが入っていることが必要です。 (動作環境)
  2. 下のダウンロードのところから、応募する種目用のzipファイルをダウンロードし、解凍する。
  3. まず、egg_kiban_c.tex を編集せずにそのままタイプセットし、sample_pdf/egg_kiban_c.pdf と同じように正しくPDFが作られることを確認する。 エラーが出た場合の対処法FAQ
  4. 上の例を見て自信をつけ、kiban_c.tex を編集する。
    使い方や、egg_kiban_c.tex の中で使っている手法を参考にしてください。
    注意を要する種目
  5. でもその前に、記入要領や、 公募要領の審査区分表で 見える審査委員の分野の範囲、 H30年度の公募内容の変更点審査の評定基準や手引き もしっかり読んで、ポイントを整理ましょう。
  6. タイプセットしてできた最終版の kiban_c.pdf を電子申請システムにアップロードする。
  7. Web入力の情報と合成されて一つになったPDFファイルをダウンロードし、文字化けなどがないか、チェックする。

4. 注意

5. News

改訂による変更の仕方は、それぞれのリンクをクリックして見て下さい。

6. Download

7. 質問、コメント

  1. 動作環境
  2. 新しい、2018年度版の使い方
  3. FAQ: よくある質問集を見る。
  4. それでもわからない場合は、 科研費マクロ&LaTeX掲示板に 質問を書く。多数の、知識豊富な人たちが見ていますので、 的確な返事が得られ、かつ疑問や解決策を共有できます。
  5. それでもまだわからない場合は、 山中 卓(阪大・理・物理)taku#hep.sci.osaka-u.ac.jp に メールを送ってください。(#は@に置き換えてください。 )
  6. 決して、日本学術振興会や文部科学省に問い合わせないでください。質問等に対応できません。

8. 関連リンク


2017-09-22 山中 卓 (大阪大学 大学院理学研究科 物理学専攻)

Valid HTML 4.01 Transitional