[Home] / 教授でもできる... / <MacPorts] LaTeX [フォントの埋め込み>

教授でもできるMac OS XへのLaTeXとTeXShopのインストレーション

日本語も処理できるpLaTeXをインストールします。

0. 下準備

もし、bigptex071105.dmg などの古い小川版のpTeXなどが /usr/local/bin に残っていると、ここでMacTeXをinstallしてもそれを使えません。 (小川版のDrag & Drop UpTeXは大丈夫です。) Terminalで

$ which platex
		
と打って、
/usr/local/bin/platex
		
と返ってきたら、いさぎよく、/usr/local を /usr/old_local とかに改名してしまいましょう。
$ sudo mv /usr/local /usr/old_local
		
一連のinstallationが終わり、しばらく使ってみて問題がなければ、/usr/old_local は消してください。
$ sudo rm -r /usr/old_local		[これは数週間後にすればよい]
		

1. MacTeX

MacTeXは、TeX LiveにまとめられたTeX/LaTeXの環境をMacに簡単に入れられるパッケージです。 かなり多くのpackage (style file)が標準で入っているので、いちいちinstallする必要がありません。 jarticleなども入ってますし、UTFの文字コードで書かれた日本語も扱えます。
(永らく小川版のパッケージを推奨していましたが、MacTeXを「教授でも...」の標準にします。)

Mac OS Xでは、LaTeXのソースファイルはUTFの文字コードを使うことを勧めます。 これは、Terminalから日本語の文字列をgrepなどで扱えるなどでき、Finderからも中身をpreviewできたりするためです。 後で説明する方法で、過去に書いたshift-JISやeucの文字コードのファイルをUTFに直すこともできます。

  1. MacTeX-2015をダウンロードする。
    MacTeXのサイト もしくはミラーサイトからMacTeX.pkgをダウンロードします。
  2. MacTeXをインストールする。
    MacTeX.pkg をダブルクリックし、MacTeX(-2015)をインストールします。
  3. Yosemiteの場合、Ghostscript 9.15 を入れる。 (2014年11月23日現在) Yosemiteだと、epsのファイルを取り込んでも表示されないという問題が報告されました。 Ghostscript 9.15 を入れてください。 (廣岡氏に感謝)
  4. A4 を標準の紙にする。(2014-11-09追記)
    Terminalのウィンドウを一旦閉じた後開き直し(さもないと、tlmgrなんて知らんと言われる)、 Terminalで
    $ tlmgr paper
    				
    と打ってみて、返ってくる行の後に letter と並んでいたら、これはletter sizeの紙がdefaultになっています。
    $ sudo tlmgr paper a4
    				
    と打ち、Macにログイン時のパスワードを入れると、標準の紙がA4に切り替わります。

これによって /Library/TeX の下に種々のプログラムがインストールされます。

2. TeXShop

TeXShopを使うと、手軽にLaTeXのソースファイルを編集したり、タイプセットしたりできます。 (emacsでエディット、platexをコマンドで走らせ、xdviで見て、とするよりずっと簡便で効率的です。)

  1. MacTeXをインストールして作られた、 アプリケーション/TeX のフォルダーの中のTeXShopとLaTeXiTを捨てる。(バージョンが古いため)
  2. TeXShopをdownloadする。
    TeXShopのサイト から、「Obtaining」の下の「Latest TeXShop」を選び、ダウンロードします。
  3. TeXShopをアプリケーションフォルダーに入れる。
    ダウンロードされた「TeXShop」を「アプリケーション」フォルダーに入れます。
  4. TeXShopの環境を設定する。
  5. 一旦、TeXShopを終了した後、立ち上げ直してください。(さもないと、上の設定の切り替えが有効になりません)
  6. これにて、日本語、英語のLaTeXができるようになりました。 新規ファイルを作り、[テンプレート]から 「LaTeX Template」を選びます。あとは、[マクロ]から欲しいものを選んだりしながら書き、[タイプセット]ボタンを押すだけです。 タイプセットをする前に、ファイルに保存するように言われます。このとき、「エンコーディング」は「Unicode (UTF-8)」を選んでください。 (そうすれば、英語も日本語も処理できます)
  7. あと、Window > LaTeX Panel...を開くと、LaTeXのコマンドやら 特殊文字やら数学記号などがクリックするだけで入力できます。
  8. Retinaディスプレイではなく、Mac OS 10.10 Yosemite以降の場合、タイプセットされた画面上の文字がぼやけます。 その場合は、次のコマンドをTerminalで打ってください。
    $ defaults write TeXShop FixPreviewBlur YES
    				

(3.)shift-jis, eucのLaTeXソースファイル

shift-jisやeucの文字コードで書かれた、LaTeXのソースファイルがある場合は


next:[フォントの埋め込み>


Updated: 2016-04-08