[Home] / 教授でもできる...

教授でもできるMac OS X へのLaTeX, X11, gccのインストレーションと環境設定

環境の変化を踏まえ、「教授でもできる」シリーズを改訂しました。

新しいMacを手に入れたら

おめでとうございます!

  1. 最初にMacを立ち上げたときが肝心です。古いMacから移行するときは、そうするか聞かれた時に移行してください。 後回しにして、古いMacで使っていたUser IDで新たなアカウントを作ってしまうと、 後から アプリケーション>ユーティリティ>移行アシスタント を使って移行できなくなります。(そのアカウントは既にあると、断られます) 移行するにはいろいろな方法があります。
  2. 新たにアカウントを作ったときは、「アカウント名」を、他のマシンにsshなどでログインする user IDにそろえておくことを 強く勧めます。例えば、user IDがhogeでそろえてあれば
    	$ ssh foo.bar.edu
    						
    とアドレスだけ書けばいいですが、そろえてないと、いちいち
    	$ ssh hoge@foo.bar.edu
    						
    のようにuser IDをアドレスの頭につけないといけません。

基本的な道具や環境

とりあえず、これらの基本的な道具や環境をそろえておくと、研究に便利です。

使用環境

  1. ネットワークの設定:研究室の人に聞いてください。
  2. Mailサーバーの設定:研究室の人に聞いてください。
  3. プリンターの設定

Unix Tools関連

  1. bashの設定
  2. X Windowの環境のinstallation
  3. gcc (コンパイラー), Xcode (ソフト開発環境)のinstallation (MacPorts用に必須)
  4. MacPorts (nkf, ghostscript, gv, などを入れるため)

LaTeX関連

  1. LaTeX/TeXShopのinstallation
  2. ヒラギノフォントの埋め込み設定
  3. Keynoteに書く式をLaTeXで書くためのLaTeXiT

PythonとROOT

  1. Enthought Pythonのinstallation
  2. ROOTのinstallation
  3. (参考)岩井君によるMac OS X Setup の説明

Mac OS X 便利帳

アプリケーション

LaTeX関連

Unix関連

Python

ROOT

改訂履歴


Updated 2016-04-07, Taku Yamanaka, Osaka Univ. (taku atmark hep.sci.osaka-u.ac.jp)