<招待講演>, <プログラム>, <参加申し込み>,<交通案内>,<ホテル案内>, <高等研紹介>,<リンク>,<Poster>

お陰さまで研究会は盛況の内に無事終了いたしました.

講演のOHPやビデオ実況がプログラムのページで見られます.

お役に立てれば幸いです.    

IIAS 研究会のお知らせ

テーマ: 物質の起源

日 時: 2002年1月16日(水)ー18日(金)

場 所: 国際高等研究所(IIAS)レクチャーホール

研究会の趣旨

 最近の素粒子物理のホットニュースとして、ニュートリノ質量の発見、CP対称性の破れでは小林−益川モデルがほぼ確立したこと、そして余剰次元理論の発展などが上げられます。宇宙物理においては暗黒物質の正体はいまだに不明ですが、平坦宇宙、暗黒エネルギーの存在の確認があり、新しい宇宙のパラダイムでは、既知の物質は宇宙エネルギーのわずか5%を占めるに過ぎません。ビッグバン宇宙からどのようにして反物質が消えて物質が生き残り、どのようにして質量を獲得したか、そもそも暗黒エネルギーや暗黒物質の正体は何なのか、「物質の起源」解明を、{ニュートリノ}、{香りの謎}、{宇宙}の三つの切り口から試みます。実験的には向こう10−20年間にどこまで追求可能か、理論的にはどんな可能性があるかを、多角的に考察したいというのが趣旨です。標準理論の彼方への道は、エネルギーフロンティアが王道ですが、ニュートリノ振動は、具体的な手がかりを始めて与えるとともに、レプトン3世代混合のMNS(牧-中川-坂田)行列解明の可能性を開きました。香りの謎の追求は、理論的な道しるべが乏しいだけに、予想外の展開が起きる可能性が大です。

 追求課題をお持ちの方は発表を歓迎します。各研究課題の全体像の中での位置付けが他の人にも理解できるよう、招待講演を主催者側でいくつか用意しました。発表課題をお持ちでなくも、勉強の機会になると思いますので、若手の方はふるって参加をお願いします(もちろんベテランも大歓迎です)。

 お申し込みの課題発表は可能な限りプログラムに載せさせていただきますが、全体の時間の制限上、状況によっては多少の調整を主催者の方でさせていただくことがありますことを、あらかじめご了承ください。

2001年10月15日

組織委員会

長島順清(IIAS研究員) (委員長)  "naga@iias.or.jp"

久野良孝(大阪大学理学部) "kuno@phys.sci.osaka-u.ac.jp"

山中 卓(大阪大学理学部) "taku@hep.sci.osaka-u.ac.jp"


連絡先:国際高等研究所「物質の起源研究会」係: E-メイル:"kawa@iias.or.jp"

 〒619−0225 京都府相楽郡木津町木津川台9−3

 電 話:0774−73−4001(日・月・祝休), FAX:0774−73−4005

  (ただし、プログラム関係の問い合わせは長島の方にお願いします)

<招待講演>, <プログラム>, <参加申し込み>,<交通案内>,<ホテル案内>, <高等研紹介>,<リンク>,<Poster>