山中卓研ホームページへ戻る

山中研ゼミ旅行2010

今年のゼミ旅行は、なんと沖縄へ!!
移動も飛行機!!
今年は全体的に社会科見学的な内容になりましたが、
著者や一部の人にとっては趣味を満喫できて大満足な旅行となりました。
皆さんおつかれさまでした。
企画してくれたM1の宇井君、遠藤くん、お疲れさまでした。

公開が7ヶ月後と、大変遅くなってしまい本当に申し訳ありません。
また、このページの公正には編集者の独断と偏見が含まれていることをご了承ください。
文責 M2 杉山




出発は神戸空港から


ウイングマークがいい感じです。紅のあれっぽい。


離陸前のヒトコマ。みんなテンション上ってます。


さらば関西、向かうは南の島


まるで雲の絨毯。


雲の下に降りてみると、なんか雨っぽい・・・


着陸成功


那覇空港に到着しました。曇ってる・・・


はたらくおぢさん


まずは首里城から回ります。これは有名な守礼門。「守禮の邦」って書いてあります。


内側にはさらに門が。さすが城。


狛シーサー?


首里城は小高い丘の上にあります。


周りの街並みが一望できます。


近くには、日本最南端の鉄道”ゆいレール”が走っています。 乗りたかった・・・・・


今は申の刻。つまり16時くらい。


アインシュタインの実験をする岩井さん。真ん中では音は消えたのでしょうか?


首里城は修理中


曲線を描く壁。いざという時はここから攻撃するのでしょうか?


首里城をバックに集合写真


王座の上には”山中”の二文字が!!


実は右から読んで「中山世土」と読むそうです。 中国皇帝が「ここは永遠に琉球王家 中山家の土地である」ということを書いて送った額だそうです。


かつての儀礼のジオラマ


ハイビスカス?うーん南国ですねぇ


隙間なし。


首里城を出て向かった先は・・・・


なんと米軍嘉手納基地!!P3C哨戒機が飛んでます。


F-18にハリアーまで!


ここは嘉手納基地のすぐそばにある「安保の見える丘」という丘です。道の駅かでなのすぐ向かいでした。


最新型のF-22戦闘機が3台も!!


さながら社会科見学です。


気合い入ってます。


ミミガーと、ジーマミー豆腐。ジーマミー豆腐とはピーナッツから作られた豆腐です。


沖縄といえば、もずく。


しっかりカメラ目線な宇井くんと東野くん


ここから2日目。 今日も今日とて嘉手納基地。F-18の着陸シーンが見えました。


でもそのあとは、特に何もなし・・


カメラを構える著者。テンション上ってます。


ここからは山中班と、花垣班に別れて別コースをめぐります。これは山中班。まだこのあたりは晴れてました。


急がないと置いて行きますよ。


行く手に分厚い雲が・・・・


一方花垣班は、万座毛ビーチへ。晴れてます。


青い空、青い海。白い砂浜、白い雲。南の島はこうでなくては。


パイナップル?


ちょっと雲が分厚い・・・


岩井さんの見つめる先には一体何があるのでしょうか?


ここにもシーサー


こりゃまたチャーミングなシーサー


万座毛


ゴー◯ーマンですねぇ。懐かしい


昼食はゴーヤチャンプルー。


岩井さんが食べているのはソーキそば。


すごく美味しそうに椰子の実ジュース?を飲む佐藤さん。


沖縄のお宅訪問。民芸村?


軒を支える木がすごいゴツゴツしてます。沖縄の木でしょうか?


ご挨拶


雷文?


家の周りを囲う石垣


よくみるとここにもシーサー


さっきの家よりもより風通しが良さそうな家。


これはガジュマルの木でしょうか?


雨が降る中、一路美ら海水族館へ。


ここからは再び山中班 今帰仁グスクへ行きます。


向こうに見えるのは古宇利島です。


城の奥へと続く石階段


風が強く吹いている


ここは大隅というところで、かつては馬の訓練などが行われていたらしいです。


投降してくる兵士に扮する鎌倉くん


投降してくる兵士に扮する鎌倉くん(続) 雰囲気出てます。


結構広い。


今帰仁城を後にし、次の目的地へ。


山中班も、遅れて美ら海水族館へ合流。


ヒトデと戯れる宇井君。


ハコフグ


でかいエビ。伊勢海老?


尾に見えますが、れっきとした顔です


おこぜ? 目が可愛い


うつぼ。こっちは目が怖い


こっちみないで。。。


ニモと呼ばないで・・・ カクレクマノミです。


美ら海水族館が世界に誇る大型アクリル水槽!! 世界第2位だそうです。


ジンベエザメの食事。丸呑み。


直立食事。


ヒョウザメの卵です。すでに稚魚の姿が透けて見えます。


目開いてる?


ジュゴン?マナティ?


真ん中はジーマミー豆腐。なんか形が昨日と違います。 右はぷちぷちした食感の海ぶどう。


今年は、晩ご飯が豪華でした。みんないい顔。


豆腐づくり。固まるまでしばし待ちます。


固まったらスプーンで掬って食べます。


こちらは肉団子投入!


豚のようじ入れ。


豚と三線と教授


岡村くんが双眼鏡でのぞく先には・・・


海で泳いできた山中さんの姿がありました。


ここからは毎年恒例のカート大会。


小雨がぱらついてました。


スターティンググリッドでスタンバイ。ポールポジションは花垣さん。


連覇に向けて闘志を燃やす花垣さん。


花垣さんを追いかける佐藤さん


山中さんを追いかける岩井さん。


ここからは第2グループ


冷静に運転する遠藤くん


ジャンケンでスタート時の順番を決めます けっこう運も重要です。




花垣さん。目が本気です。


伴野くん、ノリノリです。


クールな外川さん。


今年こそ優勝を狙う岩井さん。岩井さんも目が本気です。


ここからは決勝戦。


はじめは首位を走っていた岡村くんも、アクシデントで花垣さんに首位を奪われることに・・・・


1位を取って喜びを体で表現する花垣さん。


1位を逃し悔しがる岩井さん。


淡々とした岡村くん。


Wining Run


時間が余ったのでもう一走り。


宇井くん、顔が本気です。


楽しそう(悔しそう?)な佐藤さん。


人差し指を立てて高らかに勝利を宣言する山中さん。


表彰式。


集合写真。


なんと、今回はシャンパンもいただくことができました。


すごい勢いで、


飛んでいきます。


シャンパンの栓、結構飛びました。


遠くに2つ。


カメラを引いてもう1枚。 さらに手前にも一個落ちてます。


カートの後は近くの残波岬へ。砂浜と岩場が交互に並んでいます。


崩落しそうだけど、人が乗っても落ちない。


底に、この穴を作った小石が見えます。


灯台へ。


下から灯台の写真を撮る伴野くん、東野くん。足元を気をつけて。


断崖絶壁の連続。


伴野くん、東野くん、まだ下にいました。


灯台はそとからみるとこんな感じでした。


雨の中、那覇空港を出発します。さらば沖縄。


雲の上の夕焼け


着陸成功。神戸空港に到着。


皆様お疲れ様でした。企画してくれたM1の宇井くん、遠藤くんありがとうございました。