山中卓研ホームページへ戻る

山中研ゼミ旅行2011
2011/5/27~29

今年のゼミ旅行は、播磨、丹波篠山方面へ行きました。
企画してくれたM1の皆様、お疲れさまでした。

公開が7ヶ月後と、大変遅くなってしまい本当に申し訳ありません。
また、このページの構成には編集者の独断と偏見が含まれていることをご了承ください。
文責 D1 杉山




出発してまず向かったのは温泉。


根日女(ねひめ)の湯と読みます。


風呂に入ったらここでついでに昼食。


温泉を出たら、そのまま
宿泊地である”東はりま日時計の丘公園”へ向かいました。ついたらまず部屋決め。


あみだくじによる抽選で部屋が決定。


人間トーテムポール


部屋についたら、部屋ごとに分かれて夕飯の準備をします。イカと魚の下ごしらえをする柳田さん。この魚、なんだっけ・・?


同じく魚の準備をする高島くん


一方、残りの人で火の準備。外は雨が降り始めました。


火付け職人Jongwonさん。べつにスプレーで着火してるわけではありません。


火がついたら、網に具材を載せます。そのままだと網が火に近すぎるので、間に五徳を入れます。


こちらは五徳の代わりにそこら辺の石を入れてます


隣りのコンロも五徳を配備開始。


だんだん焼けてきました。


獅子唐とか、えのき茸、あとカボチャも投入。


えのきだけはいいかんじですが、カボチャは例年と同じく焦げ過ぎ。


ここでテーブル全景。2卓に分かれてます。こちらは1グループ分。


こちらのテーブルは2グループいます。まだ外が明るい。


ついに、イカも投入。


これがまた、お酒に会うんだな。


カメラ目線な東野くん。みんなの目線が東野くん向いてるってことは注目の的なんですね。


火吹き中谷さん。


ラップの芯の構造について熱く語る、豊田くん。


なぜかそこから、コップの縁をこすって共振させる流れに。はたして、液面の高さと共鳴振動数は比例するのか、反比例するのか。


開放端を持つ円筒だと考えると波長が液面の深さに比例するはずなのだけど、逆に駅面が高くなると音は低くなる。なぜ?


iPhoneアプリの飛行機管制ゲームを楽しむ山中さんと柳田さん。


ついには外川さんと辻くんに伝染し、スコア対決へ。T&T vs Y&Y


一方、栄篤さんとJJはカメラ談義に花を咲かせています。


こちらでは腕相撲。


苦戦する花垣さん。


Jongwonさんほんとに強いです。


夜が明けて、翌日の朝の館内。貸切ではなくて他の方もいました。


宿の外観。未だ雨やまず。


日時計の丘公園の名前の通り、日時計があります。雨なんで役に立ちませんが。


東はりま日時計の丘公園 全景。


小川。晴れてると綺麗なんでしょうねぇ。


日時計がいっぱい。


これも日時計。なんか発射台と的みたい。


一旦宿を出て、お出かけ。雨がやまないのでハイキングは中止。


向かった先はボウリング場。


で、ボウリングの前にバッティングマシーン。ここから村山さんも参加。


元野球少年 花垣さん。


その弟子、東野くん。


さて、続いてボーリング。


4チームに分かれて、ボウリング大会。1番のチームは夕飯作り免除。


綺麗な投球姿勢のJongwonさん。


続いて外川さん。


J.J。みんなうまいですね。


こちらは花垣さん。


盛り上がってます。


高島くん。


東野くん。


ポーズ決まってる、豊田くん。


試合結果。


花垣組がトップになり夕飯準備免除に。


ボウリングのあとの余興にエアホッケー。


本気な山中さん。


高島くんも負けていはいません。結果はどうなったんだっけ?


ボウリング場の外に変な建物!UFOあるいはドラゴンボールの家的ななにか。


途中買出しした後晩飯準備。外川班はスペイン風オムレツとコーン・ポテトサラダ


コーン剥いてます。


Ri/Lee班は豚キムチ。


花垣班は納豆の入った巾着。


巾着に包んだら焼きます。




ポテトサラダ。




スペイン風オムレツ。






料理が全部準備できたので、乾杯。


ワインのアテに、きのことパン。(誰が担当だっけ?)


食事後。毎年恒例の花垣さんの”相性占い”。相性ぴったりなら、花垣さんが相手の言った色にトランプを揃えます。


被験者、高島くん。手元が写ってると若干ネタバレ?


続いて豊田くん。


じつは今回はじめてのJongwonさん。


占いの”カラクリ”がわからず頭を抱えるJongwonさん。


同じく”からくり”を、まるで世界の終わりが来たような顔をして悩む外川さん。


集合写真


帰りにUSJ近所のユニバーサル・シティのたこ焼きミュージアムで昼食。