LHC実験にて
新粒子(ヒッグス粒子?)発見

緊急 一般向け解説会

 

日時:2012年7月21日(土)

場所:大阪大学豊中キャンパス
   理学部D棟D501

参加登録・参加費ともに不要

ただし先着順(定員200名)

会場の定員200名を超えた場合は,解説と座談会の画像と音声を別室に配信いたします。また,別室参加の方も研究者とのおしゃべり会に加わっていただけます。

2012年7月4日に,ヒッグス粒子らしき新粒子を発見したとLHC実験のATLASグループとCMSグループが欧州原子核研究機構(CERN)にて発表しました。その発表内容,そして,そもそもヒッグス粒子とは何か,についての解説会を急遽企画いたしました。研究者とお話していただく時間も多く設けております。様々な質問,コメントをお待ちしています。


今回の解説会の様子はニコニコ生放送でも中継されます。詳しくはこちらをどうぞ。


解説および座談会参加予定

戸本誠(名古屋大学)

花垣和則(大阪大学)

浜口幸一(東京大学)

山崎祐司(神戸大学)

司会進行役:小森真里奈(KEK)


お問い合わせ:atlas.osaka@gmail.com

主催:ATLAS日本グループの有志

   (大阪大学,神戸大学,名古屋大学,九州大学)

 

今回の緊急解説会以外にも,一般向け講演会が名古屋,大阪,神戸,福岡にて別途開催されます。その案内はこちらからどうぞ。

13:30 開場

14:00 解説

14:30 研究者による公開座談会

15:30 休憩

16:00 研究者とのおしゃべり

17:00 終了時間目安(延長あり)